老人ホームの看護師求人に強い転職サイトは? 老人ホームの看護師についての記事一覧

老人ホームの看護師 やりがいはどういったことがあるだろう?

老人ホームの看護師はやりがいとしてどういったことがあるのでしょうか?病院とはまた違ったやりがいを感じているはずです。中にはやりがいを求めていなかったけど、仕事をする中でやりがいを見つけた看護師もいるでしょう。

老人ホーム 看護師のやりがい1⇒生活空間に入れる

老人ホームの看護師のやりがいとして挙がるのが、入居者の生活空間に入れることです。

病院では、病室は入院患者様の生活空間ではありません。あくまで回復するまで、もしくは回復に向けての一定期間を過ごすための場所です。

これはどういった違いがあるかというと、一緒に楽しめるかどうかということです。

病院の場合は一緒に楽しむという発想にはなりません。入院患者様が早く退院できるようになるまでのお世話をするだけです。

しかし、老人ホームの場合は入居者にとって自分の家です。つまり、生活をしているのです。その中に入って必要なものをお世話しているという感じですね。

この感覚の違いは大きく、老人ホームでの勤務を希望する看護師は持っていることが多い考え方です。

看護師は責任ある仕事で、元気になって退院する姿を見ることがやりがいというのが病院の看護師ですが、病院内でもそうならない患者様もいます。

簡単に言うと元気になっていないけど、在院日数の兼ね合いで転院する、などですね。

こういったことに対して、ジレンマを抱えている看護師もいます。

そういった看護師は、医療の最前線ではないが、生活空間の中に入って一緒により良い生活にしていくことにやりがいを感じるのです。

どういったものが良いとか悪いとかでは全くなく、看護師としてどういった場面に携わっていきたいかということですね。

老人ホームの看護師 やりがい2⇒介護職との連携

老人ホームの看護師のやりがいとして、介護職との連携があります。病院での勤務の場合、介護職との連携というのは、表面上はあるかもしれませんが、実際はそうなってはいません。

というのも、病院では資格ごとに上下関係があるためです。つまり、病院では看護師の方が上になりますので、介護職を使う側になっていたのです。

老人ホームに関しては、極端な言い方をすると、全ての資格が老人ホームのスタッフとして、というスタンスになります。つまり、資格というのが全く関係ないのです。

資格の上下がない分、当然ながら連携もしやすくなります。こうやって考えていくと、老人ホームは人間関係がよければ一枚岩になりやすい職場ですね。

資格は当然違いますので、各々役割も違いますが、それでも上下という発想がなければ一緒に頑張っているという一体感が生まれてくるのです。

老人ホームの看護師 やりがいよりもまずは慣れ

老人ホームの看護師はやりがいを求めて、というよりもまずは仕事に慣れることが大切です。

老人ホームは病院とは異なることが多いため、その仕事内容や雰囲気に慣れることができなければ、早期退職に繋がってしまいます。

看護師が老人ホームに慣れるためには、仕事を覚え、老人ホームの役割をしっかりと把握することですね。

老人ホームの役割を把握し、その役割に自分が携わっていきたいと思ったとき、やりがいを見つけていくでしょう。

看護師は病院にはやりがいを求めますが、老人ホームにはあまりやりがいを求めていないことも少なくありません。

老人ホームでの勤務は、やりがい云々ではなく、自分にとって仕事ができる環境が老人ホームにしかなかったというケースもあります。

例えば、医療行為から長く離れてしまって、なかなか病院で勤務するのは気が引ける、でも老人ホームであれば、ということで仕事を始めた、といった感じです。

最初はどうしても病院で働けないということで、なかなかやりがいを見出すことができませんが、老人ホームでの仕事が楽しくなってくれば、自然と見つかります。

老人ホームでの勤務を悩んでいる看護師は、まずは看護師転職支援サイトを活用し、老人ホームに転職した看護師の成功事例を聞いても良いかもしれません。

どういったケースであれば、老人ホームで勤務することで成功したかを把握することで、自分がどうしたいのかが見えてくるかもしれません。

老人ホームの看護師求人に強い転職サイトは!?

  • 看護roo!

    看護roo!

    看護roo!なら、老人ホームの看護師 求人の取り扱いも多く、また、職場の詳細情報を把握している為頼りになりますよ!

  • ナース人材バンク

    ナース人材バンク

    ナース人材バンクも老人ホームの求人を取り扱っており、全国対応型のサイトですので是非併用してください!

転職サイトランキングを見る