老人ホームの看護師求人に強い転職サイトは? 老人ホームの看護師についての記事一覧

老人ホームの看護師は実際にどんな悩みがあるんだろう?

老人ホームの看護師は実際にどのような悩みがあるのでしょうか?老人ホームは病院と違うということから、いろいろな悩みが出てくる可能性があります。就職しないと分からないこともありますからね。

老人ホームの看護師 実際の悩み1⇒介護職が怖い

老人ホームの看護師の実際の悩みとしてあるのが、介護職が怖いということです。

これは病院での看護師としての仕事が合わずに、20代や30代前半で老人ホームに転職した看護師に多い傾向ですね。

というのも、介護職は年齢がまちまちで、40代以降の介護職が怖いケースが多いです。そして、自分よりも明らかに年下の看護師をいじめるというケースもあります。

これは、病院で看護師にいじめられた仕返し、という考えに基づく場合があり、結構シビアな問題です。

こういった介護職は、慣れてくれば優しく接してくれるようになるかというと、そうならないことも多いです。

一番良いのは、そういった介護職がいない老人ホームに就職することですが、実際問題としてそういった介護職がいるかどうかは、入職しないと分かりません。

最も良い対処法としては、その怖い介護職を立てながら、他の介護職と仲良くすることですね。

自分の居場所をきちんとつくってしまえば、いじめられるケースも少なくなります。そして、徐々に関わりを持っていく中で、打ち解けることができる可能性も出てきます。

老人ホームの中で自分自身の居場所を構築すること、そして、怖い介護職を立てること、この2つが非常に重要なポイントになります。

老人ホームの看護師 実際の悩み2⇒看護師が定着しない

老人ホームの看護師の実際の悩みとして、看護師が定着しないというのがあります。どういうことかというと、採用してもすぐに看護師が辞めてしまうということです。

これは、勤務している看護師にとって非常に大きな悩みになります。というのも、休日がなかなか取れない、残業が多くなるといった感じの物理的な負担が増えるためです。

看護師の定着率が悪いというのは、いろいろな理由があります。例えば、介護職と看護師との仲が悪い、面接時と実際に現場に入ってみての印象が違う、といったことが多いですね。

そして、これが一番の問題なのですが、看護師が定着していない老人ホームは、常にバタバタしています。

その雰囲気が、面接時の話と違うということで、退職してしまう看護師が多いのです。

忙しいから補充をするのですが、その忙しさが嫌で退職するという、まさに悪循環です。その結果、派遣看護師を採用してその場をしのぐというケースも多いです。

ただ、派遣看護師も急に退職したいといった声も、一般派遣と比べると多く、必ずしも契約期間を全うしてくれるといった安心感がありません。

老人ホームの看護師確保は非常に難しい問題ですね。

老人ホームの看護師 実際のところ人気有無が重要

老人ホームの看護師は実際のところ、人気の有無で転職先を決めることが多いです。この人気というのは、看護師にとっての人気ということですね。

入居希望者が殺到している、という情報は看護師にとって良い職場かどうかの判断基準にはなりません。

入居者に魅力的なサービスを提供するために、看護師の負担が大きいケースもあるのです。

よって、看護師からの人気が高い老人ホームの情報を収集し、そういったところを選択することが大切なのです。

では、看護師からの人気が高い老人ホームというのはどういったところなのでしょうか?

まず、最も大切なのは、年中募集をしていないことです。老人ホームは看護師の人数が数名ですので、年中募集をしているということは、応募がないかすぐに退職しているかです。

そして、派遣を利用しているところも若干危険なケースがあります。

派遣枠を元々設けて採用しているところは、運営上のことですので問題ありませんが、人材不足のための派遣利用となると話が全く変わってきます。

こういった情報をしっかりと持っているのが、看護師転職支援サイトです。どういった採用をしている老人ホームか、看護師の定着率はどうかといった情報もあります。

看護師から人気の高い老人ホームを探し、転職するようにしましょう。

老人ホームの看護師求人に強い転職サイトは!?

  • 看護roo!

    看護roo!

    看護roo!なら、老人ホームの看護師 求人の取り扱いも多く、また、職場の詳細情報を把握している為頼りになりますよ!

  • ナース人材バンク

    ナース人材バンク

    ナース人材バンクも老人ホームの求人を取り扱っており、全国対応型のサイトですので是非併用してください!

転職サイトランキングを見る