老人ホームの看護師求人に強い転職サイトは? 老人ホームの看護師についての記事一覧

老人ホームの看護師 夜勤があるところはどうなの?

老人ホームの看護師は夜勤がないところがほとんどですよね。では、夜勤があるところはどうなのでしょうか?実際に看護師の中には、夜勤がある老人ホームを希望しているケースがあります。夜勤がある老人ホームについて説明します。

老人ホームの看護師 夜勤があるところ1⇒介護老人保健施設

老人ホームの看護師の夜勤は基本的にはありませんが、介護老人保健施設では夜勤が存在します。

理由ははっきりとしており、介護老人保健施設が医療保険の適応施設だからです。医療保険適応ということは、医師などの医療従事者が常駐している体制が必要です。

よって、夜間も看護師がいることが必要になっています。

では、介護老人保健施設の夜勤はどのようなものなんでしょうか?基本的には全く忙しくないものではありますが、おむつ交換などが大変ですね。

介護職の仕事ではありますが、看護師も一緒に手伝っているケースがほとんどです。急変などはほとんどありませんが、仕事自体は重労働です。

また、急変は確かにほとんどないのですが、看護師も1人しかいません。つまり、言い方を変えると急変時は全て自分が対応しなくてはいけないのです。

頻度は少ないにしても、経験が少ない看護師からすると不安ですよね。よって、介護老人保健施設の看護師はベテランが多くなっています。

ただ、夜勤がある分、当然ながら給料も高くなります。病院よりは若干安くなることが多いですが、それでも年収で言うと450万程度になることが多いです。

病院よりはゆったりとしたところで、夜勤はしながら仕事がしたいという看護師に最適な職場ですね。

老人ホームの看護師 夜勤があるところ2⇒有料老人ホーム

老人ホームの看護師で夜勤がある職場として有料老人ホームがあります。しかし、有料老人ホームの場合は、全部ではなく夜勤があるところもある、という感じです。

有料老人ホームで夜勤がある場合というのは、要介護が高い方で24時間体制で観ておく必要がある入居者がいる場合です。

よって、有料老人ホームで夜勤がある職場の時には、入居者の健康管理をしっかりと注意して行うことが大切です。

また、有料老人ホームで夜勤があるところは、大手の企業などが多いですね。つまり、複数有料老人ホームを運営する中に、24時間体制のものも用意するのです。

看護師の給料に関してですが、正社員の看護師が夜間を対応しているケースとそうでないケースがあるため、一概に言えないものがあります。

つまり、夜勤に関しては夜勤専従の看護師を採用するということです。これは日勤帯の業務の効率化のためです。

どうしても、正社員を交代制にすると、忙しい日中に人手が足りなくなってしまいますので、夜間にパート職員を採用して、日中が問題ないようにしています。

ということは、日勤のみの有料老人ホームと変わりませんので、当然ながら給料もそれ程変わりません。

老人ホームの看護師 夜勤かオンコールか日勤のみか

老人ホームの看護師は夜勤かオンコールか日勤のみかの選択肢があります。

圧倒的に多いのはオンコールですが、上記のように夜勤がある職場もありますし、逆に夜勤パートがいることで日勤のみの仕事もあります。

こういった職場の中でどれを選択するかは、看護師の自由ではありますが、やはり給料と仕事内容によって選択することになりますね。

最も給料が高いのは夜勤があるところですが、その代わり医療的な処置が必要な方もおり看護師の仕事は多いです。より注意深い管理が必要になります。

逆にオンコール体制のところは、仕事的には夜勤があるところと比べて、楽なケースが多いですが、夜間の電話がどれだけかかってくるかにもよりますね。

日勤のみのところというのは、一見楽なように見えるかもしれませんが、夜間は夜勤専従がいるために日勤のみになっているため、入居者は要介護度が高い方が多いです。

こういったことを考えていくと、ますますどこが働きやすいか分かりにくくなります。まずは看護師転職支援サイトを利用し、いろいろな老人ホームに見学に行くと良いかもしれません。

見学に行くと、老人ホームの雰囲気が分かるため、自分が仕事をしているイメージが湧いてくるでしょう。

老人ホームの看護師求人に強い転職サイトは!?

  • 看護roo!

    看護roo!

    看護roo!なら、老人ホームの看護師 求人の取り扱いも多く、また、職場の詳細情報を把握している為頼りになりますよ!

  • ナース人材バンク

    ナース人材バンク

    ナース人材バンクも老人ホームの求人を取り扱っており、全国対応型のサイトですので是非併用してください!

転職サイトランキングを見る