老人ホームの看護師求人に強い転職サイトは? 老人ホームの看護師についての記事一覧

老人ホームの看護師の役割は入居者の健康管理

老人ホームの看護師の役割は入居者の健康管理です。医療行為は行いませんが、医療行為が必要になる状態をいち早くキャッチすることが重要な役割になっています。看護師がいるから安心して入居者が生活できるといっても過言ではありません。

老人ホームの看護師 役割1⇒観察

老人ホームの看護師の役割は、主に入居者の健康管理です。こうやってさらっと書くと、それ程大変ではないように思いますよね。

しかし、この健康管理という役割は、非常に重要なもので尚且つ難しいものです。具体的な仕事内容としては、バイタルチェックや日々の観察、そして服薬管理などです。

この中でも特に大切なのが観察ですね。観察というと見ているだけという認識があるかもしれませんが、見ているだけでは何も気づきません。

観察というのは、状態の変化を注意深く観ることで、ちょっとした変化も見逃さないことが重要です。

そうしないと、入居者が急に体調不良になってしまい、病院に入院しなくてはいけない状況になってしまうケースもあります。

しかし、観察をしっかりと行っていて気づくことができてれば、未然に防ぐことができることもあるのです。

老人ホームの入居者は老人ホームの形態によって要介護度が違ってきますが、それでもやはり高齢者ですので、いつ何が起こるか分かりません。

極端な話、風邪をひくと肺炎になってしまって、そのまま・・・というケースもありますよね。それくらい、ちょっとしたことでも気が抜けないということです。

つまり、看護師が観察をしっかりとできていて、尚且つリスク管理ができていると、その老人ホームでは急変が少なくなると言えます。

老人ホームの看護師 役割2⇒リスク管理

老人ホームの看護師の役割として、上記でも最後に少し触れましたが、リスク管理というのがあります。もう少し分かりやすく言うと、予測ですね。

入居者の体調管理の中で、例えばこういった症状になっているのであれば、何時間後にこうなるかもしれない、という感じです。

これがしっかりとできていると、申し送りなどで介護職員にも伝えることができ、皆でリスク管理を行うことができます。

リスク管理自体は皆で行うものですが、誰かが気づかないと管理ができません。その気づく、予測する役割が看護師になります。

他にも老人ホーム全体のリスク管理に関しても、看護師が重要な役割を担っています。

老人ホームでは、よくウイルス感染も問題がありますよね。インフルエンザとかノロウイルスとかあります。

こういったものに対する感染予防の役割も看護師になります。もちろん、施設管理者が陣頭指揮をとってとなりますが、実質は看護師が中心となって行っています。

これができていないと、新聞を賑わすことになってしまい、最悪老人ホームの存続の危機になります。それくらい重要な役割と言えます。

老人ホームの看護師 役割3⇒介護職との連携

老人ホームの看護師の役割は介護職との連携というのもあります。これは役割というのとは違う気がするかもしれませんが、介護職との距離を縮めるのは看護師の役割なのです。

というのも、病院で勤務していた看護師は、介護スタッフと連携ではなく、介護スタッフに対し上から指示を出しています。これは病院内では資格の違いがあるため、仕方ないことです。

しかし、老人ホームでは違います。一言で言うと平等なのです。よって、看護師が介護職と連携を取っていく姿勢を持って仕事に取り組んでいくことが大切になります。

こういったことから、看護師の役割ということができます。

また、介護職との役割分担は、老人ホームによって違いがあります。つまり、老人ホーム各々をしっかりと知っていないと、イメージと違うというケースもあるのです。

そういったことが起きないように慎重に転職をするためには、看護師転職支援サイトを活用すると良いでしょう。

看護師転職支援サイトは、老人ホームの内情までしっかりと把握しているケースも多いため、看護師と介護職の関係なども教えてくれるかもしれません。

こういった情報は、まず求人票にはありませんので(仲が良いように書いてあるものは当然あります)、貴重な情報になるでしょう。

老人ホームの看護師求人に強い転職サイトは!?

  • 看護roo!

    看護roo!

    看護roo!なら、老人ホームの看護師 求人の取り扱いも多く、また、職場の詳細情報を把握している為頼りになりますよ!

  • ナース人材バンク

    ナース人材バンク

    ナース人材バンクも老人ホームの求人を取り扱っており、全国対応型のサイトですので是非併用してください!

転職サイトランキングを見る