老人ホームの看護師求人に強い転職サイトは? 老人ホームの看護師についての記事一覧

老人ホーム 看護師は24時間体制なのか?

老人ホームの看護師は24時間体制になっているのでしょうか?実際のところはオンコールも仕事の一部ですので、24時間体制になっていることになります。ではオンコールと夜勤で対応する違いは何でしょうか?

老人ホームの看護師 24時間体制で対応する意味

老人ホームの看護師は24時間体制で入居者の健康管理を行っていることになります。

多くの老人ホームでは、夜間はオンコールとなっているため、実際に老人ホーム内で仕事を行っているわけではありませんが、体調を崩す入居者がいた時には電話がかかってきて対応することになります。

つまり、夜間も仕事をしているのと同じなのです。24時間体制で入居者への対応をしているのです。

老人ホームは入居者が安心して生活できることが大切なことです。老人ホームにもいろいろと形態があり、入居者の要介護度も異なってきます。

よって一概に言えるものではありませんが、24時間体制で看護師が対応することが老人ホームのサービスの1つになっています。

高齢者は、いつどういったことで体調を崩すか分かりません。風邪をこじらせると肺炎になることがありますし、1人インフルエンザにかかると、一気に入居者に広がることもあります。

それだけ老人ホームというのは、しっかりとした健康管理を行える体制をとっていないといけないのです。

看護師の仕事自体は医療行為は基本的にないため、楽なように思うかもしれませんが、決して精神的に楽な仕事ではありません。

いつどういった事態が起きるかも分からない、といったことを常に考え、リスク管理を行っていくのが看護師の役目です。

老人ホームの看護師 24時間体制というと夜勤?

老人ホームの看護師が24時間体制というと、夜勤があるのかなと思ってしまいますよね。実際に夜勤があるところもありますが、オンコールも24時間体制に含まれます。

夜間も自宅で看護師が待機していることになりますから。

では、夜勤で看護師が対応している老人ホームと、オンコールで対応している老人ホームでは、どういった点が異なっているのでしょうか?

大きく異なるのは、医療行為を老人ホームで行うことがあるかどうかです。老人ホームは医療行為を基本行わないと書きましたが、行うところが夜勤がある、という解釈で良いです。

例を挙げると、介護老人保健施設は夜勤がありますが、ここは医療保険の適応施設となりますので、医療行為を行っても構いません。

有料老人ホームの中にも夜勤があるところがありますが、そういったところは要介護度が重度の方が入居していることが多く、医療行為に関してもある程度対応しているケースがあります。

こうやって考えていくと、実は夜勤の有無だけではなく、日勤帯の仕事内容も変わってきますよね。入居者の状態が違うということなので。

こういったことは意識しておくと良いですね。

老人ホームの看護師 24時間体制を希望しないのであれば

老人ホームの看護師で24時間体制でないところはあるのでしょうか?基本的には、入居施設は24時間体制になっていますので、老人ホームで24時間体制でないところはないです。

しかし、入居施設でなければ看護師が24時間体制になっていないところがあります。いわゆる通所施設ですね。

代表的なものを挙げるとデイサービスなどがそれにあたります。

デイサービスは最近では単体のところも増えてきていますが、介護老人保健施設の中に設置されていることも多いです。

つまり、入居者と外部からの通所の方が両方利用するものになっているのです。

このデイサービスにも看護師が必要なのですが、これはデイサービスの時間のみの仕事ですので、24時間体制にはなっていません。

その代わり正社員の求人が少ないのと、仮に正社員で採用されたとしても、給料が安いということはありますが。

もし、デイサービスを希望するのであれば、看護師転支援サイトを活用し、介護老人保健施設などに問い合わせてもらうこともできます。

もしかすると、これから募集をかけようとしていた、ということもありますので、貴重な求人が見つかるかもしれません。

自分で問い合わせをしていくのはなかなか難しいですが、そういったことをしてくれるサービスが存在していますので、有効に活用しましょう。

老人ホームの看護師求人に強い転職サイトは!?

  • 看護roo!

    看護roo!

    看護roo!なら、老人ホームの看護師 求人の取り扱いも多く、また、職場の詳細情報を把握している為頼りになりますよ!

  • ナース人材バンク

    ナース人材バンク

    ナース人材バンクも老人ホームの求人を取り扱っており、全国対応型のサイトですので是非併用してください!

転職サイトランキングを見る