老人ホームの看護師求人に強い転職サイトは? 老人ホームの看護師についての記事一覧

老人ホームの看護師 デメリットについて考えよう

老人ホームの看護師のデメリットにはどのようなことがあるでしょうか?当然メリットがあるから志望するわけですが、同時にデメリットも把握しておくと、後悔することのない転職ができます。

老人ホームの看護師 デメリット1⇒医療行為がない

老人ホームの看護師のデメリットとして多いのが、医療行為がないことです。ここで少し疑問に思う方がいるかもしれません。

医療行為がないところを希望して老人ホームに就職したんじゃないの?ということです。

確かにそうなのですが、正確には医療行為ができないから、しなくていい老人ホームを希望した、という方が結構います。ブランクがある看護師などは多いですね。

そういった看護師は、医療行為がしたくないわけではありません。しかし、ブランクなどで自信がないため、医療行為ができなくても問題ない老人ホームに就職します。

しかし、老人ホームでは仕事に復帰した感覚は持てますが、看護師に復帰した感じがしません。当然ですよね。医療行為に携わりませんので。

その結果、やはり看護師として医療行為に携わる仕事がしたい、となって退職する看護師がいるのです。

ブランクがある看護師にとってベストな環境は、医療行為が少なくて、じっくりと思い出しながら行うことが出来る環境と言えます。

残念ながら、老人ホームはそういった環境ではありません。病院で復職支援を行っている病院が増えていますので、そちらの方が希望に一致しているかもしれませんね。

医療行為が少ないのと医療行為がないのは、全く違ったものになってしまいますので、注意が必要です。

老人ホームの看護師 デメリット2⇒看護師数が少ない

老人ホームの看護師のデメリットとして、看護師数が少ないということが挙げられます。つまり、勤務している看護師の絶対数が少ないのです。

こういったことから、なかなか希望通りの休みを取得できないケースがあります。

ママさんナースの勤務も多いのですが、子供の参観日などが大変ですね。ママさんナースは大体家から近い職場を選択しますので、小学校区が一緒だったりします。

つまり、行事が同じ日に重なってしまうのです。そうなると、希望休が重なることになりますので、当然調整になります。

病院であれば、独身の看護師も多いですし、そもそも看護師数が多いため対処ができますが、老人ホームはなかなかそういきません。

家庭を優先することも考えて老人ホームで勤務をしている看護師が多い中、休みを取りたい時に取れないというのは、かなり厳しいですよね。

老人ホームを選択する際に、看護師の年齢層が幅広い、例えば30代、40代、50代が1人づつなどのところを選択すると、比較的こういった難点は解消されやすくなります。

老人ホームを選ぶときは、人間関係を考えて同年代、ではない方が良いかもしれませんね。

老人ホームの看護師 デメリットは解消できるものなら問題ない

老人ホームの看護師のデメリットは、上記に書いたようなものの他にも存在します。介護職との人間関係などもデメリットに感じる看護師もいるでしょう。

しかし、デメリットも対処法を考えることができることが多々あります。上記のデメリットについても当サイトの本コラム以外のコラムでも対処法を提案していますよね。

自分なりの対処法がしっかりと見つかれば、特に問題となるデメリットではなくなります。つまり、気にしなくて良いということです。

これは老人ホームに限った事ではありませんが、どの職場を選択してもメリットデメリットはあります。

メリットが魅力的であることも大切ですが、デメリットに対処できることも同じように大切です。

言い方を変えると、どんな魅力的なメリットがあっても、対処できないデメリットがあると、長続きしないのです。

こういったことを踏まえて、老人ホーム選びを行っていく必要があります。しかし、老人ホームが初めての場合、なかなかイメージがしにくいものです。

看護師転職支援サイトを活用して、老人ホームの内情を詳しく聞いた上で、検討すると良いでしょう。

情報がないとメリットデメリットもはっきりしませんよね。求人票だけの情報では足りないところをしっかりと聞くようにしましょう。

老人ホームの看護師求人に強い転職サイトは? 老人ホームの看護師についての記事一覧

このページの先頭へ